• 佐藤 ひろみ

アクセスバーズの作用と好転反応

更新日:10月4日

エネルギーワークの一つであるアクセスバーズについて、よく言われる作用や起こりうる好転反応などについてご説明します。


 

アクセスバーズとは・・・


頭に32か所あると言われている、思考のポイントというのがあります。


(例えば、お金にまつわること、創造に関すること、他人から植え付けられた思考など)


その思考のポイントに指を置くことで、そこに関係する思考をデリート(消去)していきます。


思考を貯めているポイントが「bar(棒)」状なので、バーズ(bars:複数形)と言われています。


よくあるヘッドスパやヘッドマッサージのように、指圧などの圧を加える施術ではないので、指は軽く押さえる程度です。


32か所のポイントそれぞれに、対応する思考があり、それをクリアにすることでスッキリする。というセッションです。


対面セッションのみの対応で、クライアントと施術者が同じ空間にいる必要があります。



 

思考を消去したらどうなるのか・・・


「思考を消去したら、今までのことを全部忘れてしまうんじゃないの」と心配ですか?


今まで覚えていたことをすべて忘れてしまうわけではありません。


アクセスバーズは、考えすぎて動けなくさせていたところを消去するだけなのです。


もし、あなたが何か新しいことに挑戦してみたいとか、今までとはちょっと違う選択肢を選ぼうとするとき、ときに思考が邪魔をするときがあります。


普通はこんなことしないよ」とか

「そんなことするなんて馬鹿げてる」とか

「もう八方ふさがりで他の方法なんてない」とか・・・


この、新しいことに挑戦するのを妨げている【心の声(思考)】を黙らせてくれるのです。



 

アクセスバーズが合わない人・・・


アクセスバーズが効果がないとしたら、それは今の現状に変化を求めない人です。


人には2種類のタイプがあります。

一つは変化を求める人。

そして、もう一つは変化を求めない人です。


変化を求めない人は、口では「変わりたい」と言ったりしますが、本当は【自分は】変化したくない人です。


他人が変化したら、この世界が良くなると思っているのです。

なので、自分を変化させようとはしないで、他人の文句をいい、他人を変化させようとします。


「あなたが(あの人が)もっと変われば、世の中が良くなるのに!」と言っている人は自分は変わろうとしません!



アクセスバーズは、行動することをストップさせている思考を消去する方法なので、そもそも行動したり変化するつもりがない人には効果がありません。


それでも、良いところは深いリラックスはできるということ!


 

アクセスバーズの好転反応・・・


アクセスバーズは好転反応はあまりないようですが、たまにエネルギーが流れすぎて頭痛がすることがあります。


特に初めてバーズを受けた人で、解放するエネルギーがたくさんあった場合、急激な変化で気持ちが悪くなったり、頭が痛くなったりすることがあります。


この対処方法としては、その痛むポイントを強めに押さえて「ラン(エネルギーが流れること)をストップして」と意図します。


それから、エネルギーを解放するときに電気的な処理が行われるので、水分・塩分・糖分を十分に摂ります。


セッションのあとにお茶やお菓子が出るのは、おもてなしの意味もありますが、エネルギーの代謝を助けるためにお出ししているのです。



 

バーズの体感・・・


アクセスバーズのセッションの体感として、よく聞くのは以下のようなことです。


頭が軽くすっきりした。

目の前が明るくなった。

気にしていたことを考えなくなった。

体が軽くなったり、柔らかくなった感じがする。

今何をすればいいのか分かるようになった。

眠くて眠くてしかたない。

目が冴えて、やる気が出る。

良い悪いのジャッジメントがなくなる。



このような感想を聞くことが多いです。

でも、体感は人それぞれあり、どれが正解ということはありません。


まったく何も感じられないという方でも、見えないところのエネルギーはしっかりと動いています。


(なにも感じないと言いつつ爆睡していて、充分体感しているのに、それを認められない人もいます💦)


 

アクセスバーズのメリット


アクセスバーズのメリットは、受けたいと思った人は誰でも受けられること。


カウンセリングなどで、どうしてその思考になったのかを掘り下げたりはしないので、つらい体験を話すことなどはありません。


原因を探すこともしませんので、責められるような肩身の狭い思いをすることもありません。


ただ、リラックスして横になっているだけです。


着替えたりすることもないので、いつでも気軽に(場所があればどこでも!)受けられます。


受けている間は、話したいことがあれば話していてもいいし、ただ黙って受け取ることに集中しても大丈夫。



セッションを受けることの敷居はとても気軽なものだと思います。


 

アクセスバーズのデメリット


アクセスバーズのデメリットはそれほど多くはないのですが、しいてあげるとしたら、どの思考を消去しているのか指定できない事。


間違いなく、今は必要がなくなった思考を消去しているのですが、どんな思考を消去しているのかはわかりません。


どの思考を消去しているか特定できないのです。


指定も特定もできないので、いったい何を消去しているの?と気になるかもしれませんが、それはあなたのボディの判断にゆだねられています。


メリットともデメリットともあげられるのは、人生がガラッと変わってしまうこともあるかもしれないという事!


変化を望まない人にはデメリットでしょうが、変化を求める人にはメリットですね!




タカノユウさんの「つぶてんおらくるカード」より

https://その日の天使.com/


 

注意点・・・


アクセスバーズは他の方法と混ぜることができません。


例えば、レイキと一緒に流すとか、アロマを香らせるとか、ヒーリングミュージックを流しながらすることは勧められていません。


モヤモヤしているところを消去するテクニックなので、他のヒーリング方法でモヤモヤしているところを沈殿させてしまうと、それを消去することができなくなるからです。


その代わり(同時にできないだけで)アクセスバーズの後にアクセスボディプロセスなどのエネルギーを流すことは許可されています。





閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示