• 佐藤 ひろみ

アクセスバーズはやばい宗教?効果なし?本当におススメできるのか解説します。

アクセスバースというヒーリングセッションがあるのは知っていますか?


実際は何をしているの?

セッションのあとに怪しい壺とかすすめられたらどうしよう?

変な宗教に勧誘されたらどうしよう・・・


知らないことを経験するとき緊張すると思いますが、ましてや良く分からないことで、知らない人のサロンに飛び込むのは勇気がいりますよね。


しかもセッションの内容を聞いても、なんだかよく分からなかったとしたら・・・


ここではアクセスバーズの事を知らない人にも、詳しい解説をして、安心してセッションを受けられるように解説していきたいと思います。


 

アクセスバーズって宗教と関係あるの?


結論から言ってしまうと、特定の宗教とは関係ありません。


色々なヒーリングメソッドのうちの一つで、アメリカのギャリーダグラスさんという方が、チャネリングをして発見したエナジーワークです。


アクセスコンシャスネスという本部がアメリカにあります。


最初に、ギャリーさんがチャネリングによってアクセスバーズを発見して、広めていきました。


それを、ギャリーさんと親しくなったデーンさんが共同創造者として、バーズを基本とした新しいメソッドを開発していってます。


創始者という立場の人たちはいますが、グルや教祖という立場ではないので、経典やお布施などはありません。


それぞれ、資格を持ったファシリテーターやプラクティショナーが個人的に活動をしており、そこに特別な制約はありません。


辞めるのも続けるのも本人の自由です。




 

セッションは何をしているの?


アクセスコンシャスネスで提供しているヒーリングは、特定のエナジーを呼び出し、それに対してセッションをしていきます。


アクセスバーズについて解説すると―


頭には思考や感情にまつわる箇所(ツボのようなもの)があり、

その個所にアプローチすることで、そこに関連する思考や感情を取り除く‥


ということをしています。


そのため「脳の断捨離」などと表現されることもあります。


もっと具体的にいうと、リラックスして横になるか、椅子に座っていただき、

頭の32か所あるツボに触れていきます。


その時、眠ってしまってもいいし、話をしたければしていただいてもいいのです。


服は着用したままですので、できればゆったりした服装

(足元が気になるならスカートは避けたほうがいいかも)がリラックスできると思います。


 

結局、効果はあるの?どんなことが起きるの?


薬事法に触れるので詳しくは言えません。-終了-


なんて、言ったら怒られそうですね(笑)


じつは効果は、受けた人やタイミングによって様々な意見があります。


私も実際、最初に受けたときは訳が分かりませんでしたし。


アクセスコンシャスネスでも「効果や感じ方は本人に任せる。」としています。


なぜなら・・・

「○〇に効果的です!」としてしまうと、逆にそこに制限をかけてしまうから。


本当はもっと変化する可能性があるのに、

「効果はここまで」というボーダーを作ってしまうのを避けているのですよね。


では、アクセスコンシャスネスではどういう表現をしているかというと・・・

「最悪でも気持ちのいいマッサージを受けた感じ。最高だと人生が変わる。」

と言われています。


最悪(なんの効果がなかった)としても、最高のマッサージを受けたような感じだったら、損をするわけじゃないし、やってみてもいいんじゃない?という感じですね。


最高で人生が変わる…というのは、今まで選べなかった、新しい選択肢を受け入れるようになることではないかと思います。


実際、セッションする側として見ていると、

「変化を受け入れたい」「受け取れるものは受け取りたい!」と良い意味で貪欲な人ほど、すっきりした顔で帰って行かれます。


逆に

「こんなことしても何の役にもたたない。」とか、

「マッサージかと思ってたのに指圧もないし、頭をかるく触られただけじゃ何にも感じないし、良く分からない。」

「時間の無駄だった」と思う人もいます。




 

まとめ


「時間とお金の無駄だった」という方は、どうぞ他のメソッドをお試しください。


こちらも無理に引き止めませんし、受け取り方は自由です。


世の中には変化をしたくない人がいて、そういう人はいくらアクセスバースをしても効果がないのです。


           (↑石像のように変化したくない人)


でも、中には自分や他人の思いなどに振り回されて、知らず知らず思考をため込み、どれが自分の本音なのか分からなくなる人もいます。


そういう人には一度試してもらいたいメソッドであるのです。


実際、私の娘はHSC(繊細な子ども)なのですが、学校に行くと色々なものを背負い込んで学校に行くのがしんどくなり、一時不登校になりかけました。


学校に行きたいのに行けない子どもを見るのは、親としてつらいものがありましたが、

アクセスバーズをしたところ、頭の中のモヤモヤがなくなり、眠りの質も良くなったようで今は元気に学校に行けるようになりました。


そして、今でも色々背負いこんで辛くなると「ママ、バーズして」ってリクエストしてくれます。


自分だけでなく、大切な家族も癒せるようになって私は良かったと思っています。




うららヒーリングスペースではアクセスバーズを習得できるクラスも不定期で行っています。(リクエスト開催も可能です)

分からないことがあったら、直接話せる公式ラインからつながってみませんか?


登録はこちらから。





閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示