• 佐藤 ひろみ

クォンタムタッチの作用と好転反応

私の提供しているエネルギーワークの一つである、クォンタムタッチについての作用や起こりうる好転反応についてご説明します。


 

クォンタムタッチとは・・・


クォンタム=亜原子で、物質の最小単位の事ですが、

この亜原子レベルでエネルギーを動かすのでクォンタムタッチと呼ばれています。


この物質世界は分子の振動速度や密度がそれぞれ違うため、別々の個体に見えるけれど、亜原子のレベルで見てみるとすべてがつながっています。


点描画で考えると、とても分かりやすいと思うけれど、それぞれの点々が分子です。


そして、その分子たちがそれぞれ固有の振動をしているため、物質化しているように見えるのがこの物質化した世界です。


(花は花のリズムで振動し、人は人のリズムで振動している。リズムが同じなので塊のように見えているだけと考えています。)


この点々の世界はどこまでも広がっていて、境界線がありません。


境界線がないので、物理的にどんなに距離が離れていても関係なく、意図したところにエネルギーが届くというテクニックです。



それはちょうど電話をかけているように、意図したらその回線と繋がり、距離を超えてアクセスできるような感じです。


このような特徴があるため、対面のセッションもできますが、遠隔でのセッションも可能です。


 

意図したエネルギーに対して何をしているのか?


クォンタムタッチの特徴としては、亜原子には距離も時間も関係ないので、意図したところにエネルギーを届けられる(共鳴させる)という事です。


エネルギーを届ける、というと距離が遠いと難しいのじゃないの?と思われるかもしれませんが、エネルギーを共鳴させていると思うとイメージしやすいかと思います。


施術者がエネルギーを届けたいところを意図し、そこに集中します。


そして、施術者が自分のエネルギーを高め、その高めたエネルギーをクライアントの意図した部分に集中します。


するとエネルギーは音叉のように共鳴し合うので、意図したところのエネルギーが高まり、その高まったエネルギーがクライアント自身を癒します。


なので、施術者がしなければいけないのは、自身のエネルギーを高めることと、そのエネルギーを共鳴させたいところに集中することなのです。


施術者自身のエネルギーを使って癒しを行っているわけではなく、クライアント自身が癒せるような場を整えることをしています。


そのため、時間も距離も関係なく、エネルギーが共鳴しヒーリングが起こります。


人は感動すると涙が出たりしますが、それは感情が共鳴したからですよね。


Youtubeやzoomなどは、時間も距離も関係なく、感動を共有できるツールですが、それと同じようなことをクォンタムタッチではエネルギーレベルでしているという事です。



 

クォンタムタッチでできること・・


クォンタムタッチでは、施術者が瞑想によってヒーリングの場を作ります。


その場によってクライアントのエネルギーフィールド【気】が高まり、クライアント自身が自らの体を癒します。


人には理想的な「ブループリント(設計図)」があり、そこから外れているところがあれば、それを修復しようとします。


エネルギーが足りないため修復したくともできなかったところに、クォンタムタッチで高まったエネルギーが流れるようになります。


それは体・心・魂の部分に届き、そのとき一番必要なところに流れていきます。


エネルギーが届く箇所によって、ずれている骨格があれば修復したり、トラウマを解消したりします。




 

クォンタムタッチの好転反応・・


エネルギーワークによくあることですが、不要になったエネルギーが出ていくとき、様々な反応が出ます。


・あくび

・ためいき

・せき

・涙

・おなら

・げっぷ

・トイレに行きたくなる


これらの症状はみんな浄化作用で、体から不要なエネルギーを出すときの反応です。


クライアントがその症状が出るのを抑えている場合、代わりに施術者が咳き込んだりすることもあります。


せきやあくび・涙など、出しやすいものだったら我慢しないで出してしまいましょう。


言葉や感情なども出してしまって構いません。


セッションが終わった後は、浄化を助けるためにお水をたくさん飲むといいです。




 

クォンタムタッチの体感・・・


クォンタムタッチの体感としては色々なものがあります。


・骨格が動くような感じがする

・頭の後ろのほうが引っ張られている感じがする

・意図してもらったところが温かい(遠隔)

・体が自然に揺れる

・ハートのあたりが温かく感じられ、涙が出る


などの反応があります。

一見、何の反応も体感もないようなときもありますが、そんな時でもちゃんとエネルギーが動いていて、あとから聞くとびっくりするようなことが起こっていたりします。


(私の先生はクォンタムタッチのセッションをクライアントにしたことで、ずっと売れていなかった土地が売れたというエピソードを聞かせてくれました)


単なる願望を思い通りに動かすのではなく、その時の最善の方法に導かれ、みんながハッピーになるような穏やかなエネルギーと感じています。


 

クォンタムタッチのメリット・・・


クォンタムタッチは使い方が自由です。


健康に関すること、願望に関すること、トラウマに関することなど、どんなことにも応用できます。


それから、これは施術者側のメリットでもありますが、クォンタムタッチはどのヒーリングメソッドとも同時に行っていいのです。


例えばレイキやアロマヒーリング、ヒーリングミュージックなどと一緒に行っても大丈夫。


(私のクォンタムタッチの先生は、エステティシャンでエステのメニューに取り入れています!)


というのも、クォンタムタッチのセッション自体が主に【気】を高める方法なので、その高めた状態でレイキをしても、そのエネルギーを邪魔することなく、共鳴して増幅させることができるからです。





 

クォンタムタッチのデメリット・・・


今のところ、クォンタムタッチのデメリットは私には見当たりません。


というのも、


・対面だけでなく遠隔でもできること。

・エネルギーの共鳴先に制限がないこと。

・どのメソッドとも相性が良く、それを高められる。

・クライアントの【気】を高めていること。

・いつでもどこでも、道具も何もいらずできること


などメリットばかりを感じてしまいます。


たまに、体感できない人が「何をしているのかしら?」と不思議に思われるくらいでしょうか。


ああ、もしあるとしたらクォンタムタッチの【気】を高める方法が、呼吸法だったりハミングをしたりするので、それに慣れない方はびっくりするかもしれません💦


施術者は【気】を高めるために、心地よく集中し、自分の軸を整えている必要があります。







閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示