• 佐藤 ひろみ

怪しくない!ヒーリングのメカニズムの説明

見えない世界は、どうしても信じない・信じられない人がいます。


その気持ち、良く分かります。


見えない世界だからこそ、どうなっているのか自分なりに調べ解説していきます。



そもそも、電気だってどういう風に存在して、電球がつくかとか。

インターネットの仕組みがわからなくても、地球の裏側ともつながれるとか。

麻酔の仕組みが今だ解明されていないのに、とりあえず使ってみるとか。



何でそうなるのか、良く分かっていないけれども「なんか、便利らしい」というのは世界にはたくさんあります。



それなのに、いまだ癒しとかスピリチュアルっていうと「あやしい」とか言われるのは不本意です。



(まあ、実際、あやしい商売にしている人はたくさんいますしね。

そこらへんは自分の見る目を養いましょう)



まず、今あるヒーリングの原点ともいえるのは

Dr.ランドルフ・ストーンが発表したポラリティ―セラピーです。

1948年に最初の本を出版し、そこで心・体・魂についてや、エナジーのことについて発表しています。




その中で、人体のエネルギーの流れや極性などを説明しています。

彼はカイロプラクターでもあり、ナチュロパス・オステオパシーなども研究していて、

体を回復に向かわせるのならなんでも挑戦してみる、という懐の深い人です。



そのなかで、人体のエネルギーには極性(+、-、ニュートラル)があって、その極性に滞りがあるとエナジーの流れがわるくなり、不具合を起こすと説明されています。


アクセスバーズなどの、体を触ってするヒーリングは、その個所の極性を整えることで、エナジーの流れを整えているのだと感じます。


アクセスボディプロセスなどは、頭だけではなく体のヒーリングを行いますが、その時、特定のエナジーを呼び出します。

そして、改善したい内容に沿ったエナジーを流しているという原理と説明できます。



また、エナジーは意図したところに流れます。

これは量子力学での「二重スリット実験」を見るとイメージしやすいと思います。





この方の説明が面白かった。わくわくっ


こういう風に世界を見てみると、ヒーリングといっても何も怪しげなことをしているわけでなく、知らず知らず起こっていることを、今度は意図して行っているという事です。


体が勝手に回復しているのは当たり前だけど、それを【もっと早く楽にする】と意図してヒーリングをするとか。


いてもたってもいられない気持ちを解消するには、「時間がお薬」と言われるけれど、そこを【もっと早くすっきり】させるためにヒーリングする。ということです。



そして今までの自分の生きかた、考え方を見直していきたい。

という願望も、エナジーが変わればあり方が変わるので、本人次第でいくらでも変化することができます。



(本人次第なのでね、その人の持ってる性質や性格、いろいろ要因はあると思いますが。

スピリチャルをやる人ほど、地に足がついていることが大切なんだと思う今日この頃です。)



怪しくなく、楽しく、地に足が付いたスピリチュアルライフを!



 

セッションのお問い合わせはこちらのボタンから



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示