• 佐藤 ひろみ

限りある時間をどう生きる?

『RENT』というミュージカルをご存じでしょうか?


この『RENT』始めは、オフブロードウェイの小さな劇場で上演されたのですが、瞬く間に人気となり、2か月後にはブロードウェイでの上演となった伝説ともいわれるミュージカルです。


ブロードウェイミュージカルなので、知っている方もいるかもしれません。


ポップでパンクなノリのよい歌ばかりなので、ミュージカルにはあまり馴染みがない人も楽しめると思います。


 

私がこのミュージカルを知ったのは、1998年の日本初演の公演でした。


友だちがチケットをくれたので、何の予備知識もないまま、初めて生の公演を見ることができたのですが、


これが本当にすごかった!とっても圧倒されまくりました。


 

物語は、もうクリスマスも近いのに、家賃を払うお金もなくてマークが「どうしよう!」と言うところから始まります。


マークと同じアパートに住む、ロックミュージシャンだったロジャーはHIV陽性者。


自身もHIV陽性なのを嘆いて自殺してしまった恋人を今でも想っています。


そして自分の命のタイムリミットを感じて無気力になりながらも、死ぬまでに名曲を残しておきたいと思っています。


そこへ同じアパートに住む、ミミというダンサーの女の子が「キャンドルに火を貸して」とやってきます。


実は彼女は薬物に手を出していて・・・





といった感じで、登場人物はHIV陽性者・非陽性者・レズビアン・ゲイ・ノーマル・白人・黒人・ユダヤ系・ヒスパニック系・ドラァグクィーン・貧乏・金持ちなど個性豊か!


(彼女を女性に寝取られたマークが恋敵のジョアンナとタンゴを踊ったり、もうハチャメチャ)



※ぜひ英語のリズムで聞いてみてください。韻が踏まれていて心地よいです。

ジョアンナはマークの元恋人のモーリーンと付き合っていますが、恋多きモーリーンのそばにいるとヤキモキさせられておかしくなりそう!

そんなジョアンナに(モーリーンの)元カレのマークがいろいろとアドバイス(?)するシーンです。ちっとも解決してないけど・・・💦



この人物たちが、どん底と思われる中でも、どうやって命を燃やしていくのか

人との繋がり、信頼、裏切り、そういうのがある中で、自分は何を選ぶ?どう生きる?と問いかけます。


 

人の一生は振り返ってみるとあっけないもの。


どんな人でもいつかは死んでいく。


元気だと思っていた人が先に亡くなって、いつ死んでもいいと思っている人が長生きするかもしれない。


病気は自分にもタイムリミットがあることを教えてくれている。


自分が死んだあとに残るのは、どう生きていたかという事だけ。


かぎりある命、どう生きる?


なにを基準に生きる?


今ある命をどう輝かせる?




どんな人でも、一年は525600分、それをどう過ごす?という、このミュージカルのテーマ曲です。


love=愛なんて堅苦しく考えないで、あなたの心の内側から湧き出てくるものは何でしょうか?


それぞれが自分の大切なものは何なのか?

何のために生きていくのか?

そしてどう生きていきたいのか?など感じさせてくれるお話です。


日本公演だと、人種の違いによる葛藤がわかりずらいかもしれませんが、そこは映画版の「RENT」もあるので!





どんな個性(人種・マイノリティ)があっても時間は公平に平等に与えられています。

時間は命。

その時間ををどう使っていくのか。

そして、生ききったあと、その先に何を残していけるのか?


この「RENT」を書きあげたジョナサン・ラーソンは公演初日に急死し、作り上げたステージを見ることなく逝ってしまいました。


しかし、彼の意志をつないだ人たちによって「RENT」が生き続けるのは素敵なことだと思います。




閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示