• 佐藤 ひろみ

ヒーラーだから「人が好き」とは限らない

先日、ある方とお話していて、

「ああ、佐藤さんって(ヒーラーだから)人が好きなんですね」と言われました。


その場では「人が好き」に対して、しっくりこなかったものの

「う~ん、そうかもしれませんね」とか言ってたかもしれないけど、(笑)

実際にはそうでもないなぁ、と、徐々にその時の違和感が大きくなってきました。


ヒーラーだから優しいのか?

人が好きなのか?

人が好きだからヒーラーとして活動しているのか?


もんもんと考えていることを、アウトプットしていこうと思います。

(1人も好きなタイプ)


ずばり、人が好きかどうか?


私は、そんなに「人が好き~♡」というタイプではないです。


どちらかというと、一人でいるのが苦にならないタイプです。



 

そして「好きな人は好き、嫌いな人は嫌い」という超利己的な人間でもあります。


ヒーラーといえども、私にも好き嫌いはあるし、相性の良し悪しはあると思います。

ヘレンケラーやマザーテレサのように聖人でもないってことです。


(「優しい人」になることは理想だけれど)


じゃあ、私がどういう人と一緒にいたいかっていうと。


「尊重しあえる人」です。


この尊重っていうのは、人間関係においてとても大切な要素なのだと思っています。


相手も自分も同じように大切にする、それがお互いの関係性を成り立たせている。

というのが、とても心地よい関係だと思っています。


 

どちらも大切、そしてどちらが上とか下とかなく、どちらもが認めあっている。というのが理想です。


相手をコントロールしようとした途端、尊重ではなくなってしまいますからね。



尊重してくれない人の在り方を認めるのも、その人を尊重していることになります。

なので、相手を変えることはできないので、私なりにそっと距離を置くことが、相手と私の尊重の形になります。


【尊重し合う】が重要なカギなのですよ。

自分を尊重してくれない相手に、自分が無理に合わせることは「自分を尊重していない事」になります。


なので、自分も尊重しましょう。



 

ま、結局のところ、とってもシンプルにいえば。


嫌な人とは無理して付き合うことないよ。と言う事ですよ。



皆と仲良くしなければいけない。


優しい人でいなければいけない。


愛されるためには人に合わせなければいけない。


こういう呪いを自分にかけないように。


利己的上等でいいじゃありませんか。



なので、わりとドライな私は、無条件に人が好きというより、尊重し合える人が好きです。



「自分を愛すること」が良く分からない人も、「自分を尊重(大切)にする」なら感覚がつかめるかもしれません。


あなたが他の人を尊重してきたように、自分で自分を尊重すること。

そうしたら、自分を尊重した分、他の人も尊重できるようになりますよ。


そして、あなたを尊重してくれない人とは、オサラバしちゃいましょう!





閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示