top of page
  • 執筆者の写真佐藤 ひろみ

クォンタムタッチ スーパーチャージングを勉強してきました

先日、クォンタムタッチの上級講座である「スーパーチャージング」という講座を受けてきました。


このスパーチャージングは、基本のクォンタムタッチのテクニックを深め、より増幅させる方法を学びます。


クォンタムタッチの基本は、呼吸と身体瞑想なので、それはそのまま生かしつつ、共鳴要因と呼ばれるテクニックの幅を広げる感じです。


・・・とまあ、説明してみましたが、正直良く分からないですよね。


実は私もそうでした(;'∀')


もうすでに廃盤になってしまいましたが「クォンタムタッチ スーパーチャージング」という本がありまして。



その本を手に入れることができたので、講座を受ける前に読んでみました。


「「全っ然、わからない・・・」」


正直、日本語を読んでいるはずなのに、まったく内容が頭に入ってこない感じ・・だったんです。


 


「これはもう講座を受けてみるしか、理解できる方法はないッ」と思いまして、受講に至ったわけです。


この上級クラスは日本で教えられる人がいないので、年に一回ヘンリさんという方が教えてくれることになっています。


コロナの影響があるのか、今年も遠隔での受講でしたが、不便さを感じることもなく、とても快適に勉強することができました。




 

クォンタムタッチの原理として、自分のライフフォースエネルギー(生命力)を上げて、その上がった状態を相手の体に【共鳴させる】のですが、


この【共鳴させる】ためのテクニックの幅が広がったような感じです。


ホイミ→ベホイミ→ベホマズン (byドラクエ)


のように、より深く癒しの共鳴を起こせるようになりました。


具体的にどのようなことをしてるのかというと、12色のカラーのイメージを使ったり


クォンタムタッチの中では、唯一のシンボルである「ウーナーン」という図形とマントラを使ったりします。


この12色のカラーの意味が理解できで、初めて「ウーナーン」図形の意味も理解できるようになりました。




そして、やっぱり大切なのはそれぞれのエネルギーの違いを理解することです。


スーパーチャージングでは、チャクラの瞑想に付け足しして、更に増幅させる方法を学びました。


ライフフォースエネルギーを増幅する方法も、レベル1でも習う方法よりも、よりスマートに出来るようになります。


で、このクォンタムタッチのテクニックの素晴らしいところは、自分の直観も使って、12直のカラーと「ウーナーン」を組み合わせることができるという点です。


最初に12色のカラーの特性を理解するのが大変かもしれませんが、これを理解できると、どんなところを癒したいのかによって、カラーを選ぶことができます。


何で色が癒しに関わるの?というところは


色は光だからです。


そして、究極的なことをいえば、人間も光の塊です。


(そこが、クォンタム=量子の世界の話)



光の周波数の違いによって、色が変わるわけですよね。


光は目に見える可視光線と、見えない領域の光(赤外線とか紫外線)もありますが、見えないからと言って存在しないわけではありません。


見える光・見えない光も含めて、それぞれの周波数と同期する意味やイメージがあって、そこに癒しの周波数が作用していきます。


色のイメージなどは、カラーリストの方ならもっとうまく説明できるかと思いますが、


どの国へ行っても「青」なら寒い・誠実・しっかりしているというイメージを勝手に感じるのと同じように、


実は、皆さんちゃんとその周波数(エネルギー)を受け取っているんですよ。


 

・・・少し話がそれましたが。


こんな風にして、


それぞれのカラーを組み合わせたり、図形と組み合わせたり、もちろんレベル1で習った共鳴要因を使いながらセッションをしていきます。


そう考えると、クォンタムタッチって本当に料理みたいですよね。


一つの食材のレパートリーが広がる感じです。


今まで焼くしかなかった方法も、「えー!こんな風に料理してもいいの?」という発見と感動があるのと似ている気がします。


(お料理される方ならこの感動の感じ伝わるかも・・( ´艸`))



可能性は無限大!


方法はとてもシンプルなのですが、どんどん可能性が広がっていくような感じがします。


高級食材を使わなくても、本当に美味しくて健康的な料理を作れるシェフような、

そんなセラピストになれるように頑張ります。



すみません。迷いましたが、最近みて面白かったアニメを紹介します。


癒し(ヒーリング)って、料理と繋がっている気がするんですよね。


美味しい料理は、それだけで幸せにしてくれて元気になります!


毎日おいしいご飯を作ってくれるお母さんたち、いつもありがとうございます!


 






閲覧数:32回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page