• 佐藤 ひろみ

ヒーラーと名乗るならば、己をまず癒すべし!

これは、もうタイトル通りです。自戒のためにもこの記事を上げます。


人様を癒そうとする「ヒーラー」として活動するのならば、まずは自分が癒されていないといけないのです。


スピリチュアル業界では「絶対○〇でなければならない」とか「○〇すべき」は無いよ~とキラキラして言うかもしれませんが‥‥!


私からしたら、ヒーラーこそ、絶対に癒されていなければならないのです!


むしろ癒されていない人がヒーラーになるのは、迷惑でしかないと感じています。



そりゃ、人間だから調子の悪い時もありますし、機嫌の悪い時もあります。

そんな中でも、せめてセッションの時だけは自分を整える必要があります。



 

自分を整えるとは、どういう事なのか。


  • ヒーラー自身が、(他人に)自分を認めさせようとしないこと。

  • 自分以外の人も尊重すること。

  • あるがままを認め、押し付けないこと。

  • 適度な境界線が引けること。


と、私は思います。


この、4本柱を「愛をもって」立てられる人に、私はなりたいと思います。



 

簡単そうにみえるけど、これは奥深いのです。


真の自信があるのならば、過度に飾り立てる必要もなく、等身大のありのままでいられるはずです。


良いところばかりSNSで投稿できるけれども、実生活はボロボロとならないように。


正直、スピリチュアルワークをして、人相が良くなったと感じる人がいる一方、

スピリチュアルワークをしているのに顔つきが怪しくなったな・・と感じる人がいたりします。

(個人の主観です。その人たちをディスっているのではありません)



要するに、エナジーをどの方面に使うのかが、重要なのです。


愛をもってワークをしているのか?


クライアントを自分の糧としていないか?


エナジーバンパイアにならない為にも、ヒーラー自身が癒されている必要があるのです。



 

私は、両親ともすでに天へ見送りました。

肉体がなくなり、エナジーだけの存在になったときに、その人の本質が分かるのだと強く感じました。


父や母が、何を大切にしてきたのか。そして、何を私たちに残してくれたのか。


彼らの体はもうありませんが、彼らの残したエナジーは、今も私の中に存在しています。


死んで純粋なエナジーだけの存在になったときには、お金も物も人も持っていけません。

持っていけるのは自分の行ってきたことと経験値だけ。


そのときに、「私は今までたくさんのことを経験し、良いことを学んできたなぁ。」

と思いながら帰っていきたいものだと思います。



 

スピリチュアルワークは、現実世界をよりよく生きるためのツール(魔法の杖)です。


しかし、魔法の杖をもったとしてもその杖をふるう者が、善き魔法使いなら良い魔法が


邪な魔法使いなら邪な魔法が現れます。


魔法の杖をもつことで、自分だけが特別と思ってしまわないように。


自分の軸をしっかり立てるためにも、ヒーラーを名乗るならば、自分がまず癒されますように。













閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示