• 佐藤 ひろみ

女性性と男性性について。

女性性と男性性とよく聞くけれど、それはいったいどんなものなの?


「女子力が高い」と言ったりするけれど、それって女性性が強いってこと?


両方の性質について解説します。


 

全ての人には女性性と男性性が両方ともあります。


女性だから女性性しかないと、言うのはありませんし、その逆も同じです。


【女性性・男性性】というのは、その性質のことをいいます。



 

女性性


月・夜・維持力・同じことを繰り返す・柔らかい・水・広がる力・自然にあるもの



 


男性性


太陽・昼・行動力・目標に向かって進む・硬い・火・集める力・人が作り出すもの



 

こんな風に、物事の在り方の違いになります。


これはどちらが良いとか、優っているとかそういう事ではなく、物事はこの女性性と男性性のバランスと循環によって成り立っています。



太陽が昇って朝が来て、そのまま夜が来ないのも眠れなくて困ってしまうし、


そのまま夜がずっと明けないのは困るように、循環することが大切という事です。



 

物事が成長するときは、螺旋階段のように円を描きながら成長すると言われています。


回転しながら前に進むのが自然の法則です。


ピストルの弾丸を想像してもらうと分かると思いますが、弾丸も回転しながら発射されていますよね。


台風や、竜巻などの大きなエネルギーを生み出す上昇気流も、回転と直進の力を合わせた

「らせん状」のエネルギーです。



 

以前、私は、男性のように外でバリバリ活躍できないことに、どこか劣等感を感じていましたが、コツコツと日々の生活を守っていることに気が付きました。


ほんの些細なことかもしれませんが、自分の女性性のお陰で小さなことを積み上げてこれたことを感じられるようになってきました。


自分の女性性を認められるようになると、今度は自分の男性性の部分も育ってきたように感じます。


しっかりと、自分なりの目標を定め、それに向かって具体的な行動を起こしていく力が湧いてきました。


現状の自分を認め、背伸びしないで、成長していく自分を認められるようになってきます。


この世界は、どうしても男性性の「陽の気」ばかりを獲得しようとしてしまいがちですが、自分の陰の部分を大切にすることを気を付けてみるといいかもしれません。


陰を大切に扱うからこそ、そこから陽がやって来るというわけです。


お掃除など、断捨離がいいといわれるのは、実は陰の後始末だからなのです。



 

一見面倒くさくて、避けて通りたいこと、それこそが陽の部分につながる大切なことです。


私も、溜まった書籍類や小物などを整理したくなってきました。


陰の後始末と思いながらお掃除をしてみるのもおススメです。









閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示