top of page
  • 執筆者の写真佐藤 ひろみ

クォンタムタッチ スーパーチャージングとは?期待できるポイントを解説。


クォンタムタッチは、エネルギー療法の一つです。


施術者(ヒーラー)が上昇させたエネルギーフィールドをクライアントに共鳴させ、

クライアントの体内のエネルギーが整うことで、身体や心の不調を改善することができます。


このクォンタムタッチには、クライアントのエネルギーフィールドに共鳴させるテクニックがいくつかあります。


スーパーチャージングは、その中でも特に「エネルギーを大きく増幅させる」テクニックを集めたものです。


基本のクォンタムタッチの技術に加えてスーパーチャージングを行うことで、通常のクォンタムタッチよりも強力なエネルギーを体に送ることができ、さらなる体感が期待できます。





 

■ スーパーチャージングの効果とは?


クォンタムタッチのテクニックに加えて、スーパーチャージングを行うことで、より強力なエネルギーを体に送ることができます。


これにより、通常のクォンタムタッチよりも効果的な施術を行うことができます。


また、スーパーチャージングを併用することで、エネルギーの流れを劇的に大きく変化させたり、状態に合わせたエネルギーを送ることができるため、

セッションの時間が短くても、たくさんの事が出来るようになるというメリットもあります。


このスーパーチャージングの開発に携わったのが、メアリーというネイティブアメリカンの女性です。



メアリーは世界中を旅して、ヒーリングをしながら様々な人種と接してきました。



様々な人種にヒーリングを実践することで、人種に関わらず、肉体や細胞には基本の12色があり、その色の状態を感じることで、どの場所にどのヒーリングが必要なのかというのが分かりました。


メアリーは実際にエネルギーの状態や色が実際に見えていたので、このスーパーチャージングの開発に携わりました。


(でも、見えない人でも練習をすれば、エネルギーを感じられるようになります)


そのため、このスーパーチャージングのテクニックでは、12の色を取り扱います。


それを組み合わせて使う事で状態に合わせたヒーリングが可能となります。


また、クォンタムタッチでは唯一のシンボルである「ウーナーン」という図形も取り扱います。



※メアリーはヒーリングの先生になることを望まなかったので、スーパーチャージングを伝える役目を担ったのは、アラン・ヘリオットさんです。

 

■スーパーチャージングのクラスについて


スーパーチャージングのクラスは、クォンタムタッチの上級クラスです。


クォンタムタッチでは、上級のクラスでも必ず基本のレベル1のテクニックを応用した形となります。


そのため、スーパーチャージングのクラスは、クォンタムタッチレベル1を受講済みでないと、受講することができません。



 

■ スーパーチャージングのやり方


スーパーチャージングを行うには、以下の手順を踏みます。


・自分自身の状態を整える


 増幅法というチャクラも使ったワークをすることで、すばやく自分自身を整えることができます。



・意図を設定する


 どこに、どのようなエネルギーを(色も)届けるのか。エネルギーの合流点はどこにするか設定します。



・エネルギーを高める


 クォンタムタッチの基本である身体瞑想と呼吸法を使いながら、スーパーチャージングのテクニックを活かします。



・エネルギーを送る


 つねになめらかな呼吸を続けながら、意図を保ち、エネルギーを送り(共鳴し)続けます。





■スーパーチャージングで体感したこと


私がスーパーチャージングのテクニックを実習中に感じていたことは、それぞれのカラーごとにエネルギーの感じが違う事でした。


たとえば、基本の12色の中にマゼンタ色があるのですが、このマゼンタのエネルギーを感じているとき、お腹の中からくすぐられているような幸せな感覚と、思い出し笑いをしたくなるような感覚になりました。


このように、色ごとのイメージや司る波動の違いが感じられます。



 

■ スーパーチャージングの注意点


・基本的なクォンタムタッチのテクニックを忘れない事


 どんな時も呼吸を忘れず、リラックスして行う事。



・結果を全託する


 相手のインナーヒーラーがヒーリングを行います。施術者はヒーリングの場を整えているにすぎません。



・慢性的な症状や外科的処置など、必要ならば医療機関を勧めること


 クォンタムタッチは代替療法の一つであり、医師の診断や治療を受けることが最優先であることに留意する必要があります。






閲覧数:26回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page