• 佐藤 ひろみ

クォンタムタッチ®体験のご感想2

クォンタムタッチ®フェスの初日は大盛況でした。


11月7日は聞くところによると、新しいことを始めるのに良いトリプル吉日だったそうで、その勢いにのって申し込みされた方が多かったのです。


おかげさまで、たくさんの感想をいただくことができました!

本当にありがとうございます。


興味をもってくださった方、これからセッションを受けられる方の参考になりますように、いただいた体験談を掲載させていただきます。


 

Q1 本日のサービスを受ける前にどんなことをお考えでしたか?

  またはどうなりたいと思っていましたか?


痛みに効くかなぁ、注射を打っても変わらなかったし…


 

Q2 何が決め手となって、本日のサービスにお申込みいただきましたか?


ひろみさんだから


 

Q3 実際にサービスを受けてみていかがでしたか?

  変化のあった点がございましたらお聞かせください。

  痛みのポイントが10→4になったとか、数値でも結構です。


痛み10から6くらいかなぁ。 軽くなったイメージ。可動域が広くなったようなので、安心して手を伸ばせます! ありがとうございます!





 

Q4 もし仮に本日のサービスを紹介するとしたら「どんな方」へ「何と」言って紹介しますか?


その痛みを少しでも和らげたい方へ、痛みが10から6になるお家でリラックスした中で受けられるヒーリングも良いですよ〜とおすすめしたい



(コミュニティマネージャー M.H 様)



 

こちらの方は、ビフォーアフターの写真を撮ってくださっていました❣


痛みは思っていたより引かなかったとのことでしたが、可動域が広がったそうです。


痛みが引かなかったのはどうしてかなぁと思っていたところ、メッセージが降りてきました。


 

体の言葉として「痛み」という形で表現されることがある。


気が付かなければいけないところに、痛みという形で教えてくれる。


可動域が広がったことで、日常生活には困らないけれど、体をいたわることを忘れないために痛みがのこる。と


痛みまで消してしまったら、この方また無理してしまうでしょ?と言う感じでした。


なるほどなぁと思いました。


こういうメッセージはおせっかいなおばちゃんのようです。

「もうアンタは~、ええかげん休んどかなあかんで!」という感じです。


 

忙しい方は、なかなかゆっくりする暇もないかもしれませんが、体の声を聴いて、体をいたわることを忘れないようにしてくださいね。



クォンタムタッチでエネルギーもじわじわ動いているので、今後の変化など、もう少し様子を見てもいいかもしれません。





閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示