top of page
  • 佐藤 ひろみ

クォンタムタッチ🄬冬至・遠隔一斉ヒーリングします。

先日、クォンタムタッチのセッションを受けてくださった方とお話する機会がありました。


すると毎年、冬至あたりになると、心身のザワツキを感じて、辛いという事でした。



 

冬至は、一年のうちで一番日が短い日なのですが、スピリチュアル的にもエネルギーの変換点でもあります。


夏至から冬至の間にだんだん日が短くなりますが、この時、陰のエネルギーが増していっています。


陰のエネルギーは自分自身の内面に向き合う期間です。


その陰のエネルギーが一番高まって、陽に転じるところが冬至になります。


陽に転じるので「一陽来福」とも言われていますが、どうしてもこのエネルギーの変換点で体調を崩される方も多いのだと思います。


そのため、昔の人は冬至にかぼちゃを食べて英気を養ったり、柚子湯に入って体を温めたりして、そのエネルギーの転換期をうまくやり過ごしていたのだと思います。



一方、冬至を過ぎると、そこから毎日約2分間ずつ、夏至にかけて日が伸びていきます。


陽のエネルギーになるので、今度は自分自身をどう社会に表現し、活かしていくかというエネルギーになっていきます。


私は、このエネルギーの転換期を敏感にキャッチしてしまって、辛い思いをしている方のお手伝いができればいいなと思いました。


冬至を挟んだ前後の5日間のサポートで、冬至のエネルギーに負けない器つくりと、陽に転じたときにスムーズに本領を発揮できるように意図してセッションをします。


今はモニター期間なので、5日間のサポートで5,500円(税込)で一斉遠隔ヒーリングします。



 

毎日1テーマごとのセッション


​※イメージとしては、エネルギー的な大掃除と、新年に向けてレベルアップし、2023年からより自分らしい生き方ができるように調整していきます。 ​ ​ 12月20日(火) 自分の内面を見つめなおし、いらなくなったエネルギーを手放し宇宙に返す ​ 12月21日(水) チャクラの調整を行い(第1チャクラ~第12チャクラ)本質と繋がる ​ 12月22日(木) 冬至のエネルギーの変化に対応するためのエネルギーを流す ​ 12月23日(金) 陽のエネルギーに転じていく(エネルギー的な)自分の器を広げる ​ 12月24日(土) クリアにし、調整し、器を広げたところにエネルギーを満たす ​ ​ 12月20日~24日の毎日9時から1時間「一斉遠隔セッション」で、お申込みいただいた方の冬至のサポートいたします。




詳しい内容はコチラのページをご覧ください


手前味噌ですが、セッションを受けて何も変化がなかった人は、これまでいませんでした。


遠隔30分のセッションでも思いもよらない変化が起こったりするのですが、

1時間のセッションを、5日間連続して行ったら何が起こるのかなぁと私自身ワクワクしています。


私自身も、この冬至セッションのためにセッションルームを整えたり、必要のなくなったものを手放したりと変化しています!


このセッションが必要な方に届きますように。





閲覧数:25回0件のコメント
bottom of page