top of page
  • 執筆者の写真佐藤 ひろみ

【大切な人とケンカした時は】クォンタムタッチで関係修復を進める秘訣を学ぼう

どんなに仲の良い人同士でも、意見の合わない時があるものです。


「こんにゃろ~」と怒りが湧いてきたり、思わず言葉にしてぶつけてしまったりして、険悪な空気になっちゃったり・・。


感情については、以前「自然に湧き上がって来るもの」と書きました。


なので、湧き上がってくるのは仕方がないのですが。


問題は、「どうしてその感情が湧き上がってしまったのか?」と言うところにあります。


 


赤ちゃんの頃には、感情は【快(嬉しい)】か【不快(嫌)】で、シンプルでした。


大人になるうちに、その感情はだんだんと複雑になっていきます。



快なら、感謝・喜び・愛しさ・優しい・慈しむ・笑い とか



不快なら、怒り・憎しみ・嫉妬・嫌悪・悲しみ などなど



それで、最初はシンプルだった感情表現も、大人になるにつれて表現する方法も複雑になっていきます。




オムツが濡れたら「あーん😢」と泣いていた赤ちゃんの頃の様にはいかず、


成長するにつれて「泣くな!」と教育されるので、自分の悲しみを別の方法で表現しようとします。


それが「怒り」です。


 

本当は(理解されない)ことが悲しいのに、それを悲しみとして表現できないので、

人は【怒り】という形で、それを表現しようとします。


大切な人に怒りを感じたときこそ、その根底には深い悲しみがあると、私は思います。


自分にとって大切な相手だからこそ、その悲しみが憎しみに変わることもあるかもしれません。


(もしくは「自分にとって大切な事」を理解されなかった。という悲しみ)


でも、そこで大切なのは「本当は悲しかったのだ」と、怒りの後ろに隠れている感情に気が付くことです。


 

「怒っている」と自分では思っているのに、本当は「悲しかった・傷ついた」と認めることは勇気がいることです。


それは、一見自分の弱さを認めるようにものだからです。



「どうして、そんなことくらいで傷つくの?」


「どうして、そんなことくらいで悲しいの?」



そういわれてしまうと、もう自分の心が立ち直れなくなりそうだから、怒りという形にしてエネルギーを上昇させます。


なので、怒りが湧くときは、生きるためにエネルギーを上昇している行為にも思えます。



でも、その怒りのエネルギーを上昇させすぎてしまうと、自分の為にもよくありません。



もし怒りを感じたときは、いったん自分が冷静に落ち着くところにいき、

怒りの裏側にある、本当の感情を見つけてください。



怒りの裏側にある感情は、悲しみでしょうか、それとも理解されなかった寂しさでしょうか。


その気持ちをどこで深く感じますか?


胸?お腹?肩?頭の中?


その感情を感じる場所に、自分の手を当てて、温かさを感じてみましょう。


クォンタムタッチができるなら、手を当てるとき呼吸とスウィープを行ってあげるといいでしょう。





悲しみが深いときなどは、なんども気が付いたときに自分を癒してあげてください。


大切なのは、険悪になった相手をどうにかこうにかするよりも、自分の感情に寄り添うことが先です(*‘ω‘ *)


感情は波のように、寄せては返し、いつでも同じところにはいません。


荒れ狂う時も、凪のときも、色々あるかもしれませんが、きっと大丈夫!


それはあなたが「生きてる」ってことだからです。


一緒にかんばりましょう♪









閲覧数:30回0件のコメント

Comentários


bottom of page